看護師

がん治療には抗がん剤治療【副作用にも注意しよう】

診察室

発症したらその都度対処

抗がん剤による治療で副作用が起こる可能性もありますが、副作用の症状に応じて対処をしていけば症状を抑えることも可能です。対処法を知っておけばいざ症状が起こったときにもすぐ対応できます。

様々な作用が現れる治療

相談

最近では医療の発達によって多くの治療法が確立されてきましたが、がん治療もその一つであるといえます。がん治療は昔から行われていますが、現在では放射線治療や抗がん剤治療などが行われています。抗がん剤治療はがん治療の中でも代表的な治療法ですが、副作用も多いという特徴があります。抗がん剤治療も新しい治療法が登場しているため、以前に比べて副作用が発症しづらくなっている特徴があるので、重い副作用になる可能性も少ないでしょう。がん治療をする前には専門医としっかりカウンセリングをすることができるので、抗がん剤治療で悩みを感じている方は医師に納得するまで治療の説明をしてもらうと安心して治療を受けられます。抗がん剤による副作用は多数ありますが、人によってどの副作用が発症するかは実際に治療を受けてみないと分かりません。

代表的な副作用としては脱毛ですが、これは髪にもっとも現れやすいです。代謝機能がとても活発なため毛根にはすぐ抗がん剤の影響を受けてしまいます。最初に出る副作用としては脱毛が一番多いですが、その他にも下痢や吐き気、便秘や食欲不振などがあります。抗がん剤を服用してからすぐ現れる方もいますが、服用を続けて3日ほどで少しずつ副作用が出てくる人もいます。抗がん剤はとても強力なため、必ず副作用が出ないという人はいないとされています。これから抗がん剤治療を受ける人は副作用が起こるというリスクも考えて治療をはじめていくことが大切です。

聴診器

患者が経験して辛かった事

抗がん剤による副作用が発症することで、この症状がいつまで続くのかと悩みを抱く人も多いです。抗がん剤による副作用はとても辛いと感じる人が多く、体験した人のリアルな声もたくさん寄せられています。

医者

治療をはじめるまでの流れ

抗がん剤によるがん治療をするときはまず病院へ行って医師と問診をしてください。そのときにどの治療法が適しているのかを判断してもらえます。また副作用があるためその対処法についても聞いておきましょう。