ドクター

がん治療には抗がん剤治療【副作用にも注意しよう】

患者が経験して辛かった事

聴診器

がんで死亡する日本人は多いですが、その中でも手術や抗がん剤治療を組み合わせて見事がん細胞を破壊して完治したという方もいます。一度がんになると一生がんと向き合う必要になるとされていますが、その理由としては完治したとしても数年後に再発してしまう恐れがあるからです。なぜがん細胞がまた発生するのかというと、抗がん剤治療であっても見えないところまでがん細胞が破壊できていない可能性があるのです。今の医学では再発の心配が全くない完治というのは確定できないため、がん治療をするときは今後がんと向き合っていくことも考えておきましょう。抗がん剤で治療をすることができますが、治療を受ける上でとても辛いとされているのが副作用です。年々新しい薬が登場ししているため、最新の抗がん剤では副作用が出にくいと話題を集めていますが、それでも全く症状が現れないというわけではありません。

実際に抗がん剤治療をして完治した人達は副作用が辛かったという声も多いです。その中でも特に辛かった副作用の例としては全身の倦怠感が挙げられています。抗がん剤治療をしている最中はずっと倦怠感を感じて身体が重く何もできない状態になっていることが多いという声があります。抗がん剤はとても強い薬なので、普通の倦怠感ではなくそれよりももっと重たい症状であることが副作用で発症する倦怠感の特徴です。また倦怠感の他にも吐き気が伴うこともありますが、こうした症状は長く続くとされています。その間に検査や注射などを行なわないといけないため、いつまでこの状態が続くのかと感じてしまうようです。長い闘いになるがんの病気ですが、根気強く治療することで改善できる確率を高めることができるでしょう。