ドクター

がん治療には抗がん剤治療【副作用にも注意しよう】

治療をはじめるまでの流れ

医者

自分ががんであるかどうかは専門クリニックで検査を受けなければ判明しないものです。がんは何の前触れもなく身体の中を蝕んでいく恐れがあるため、将来がんにならないためにも健康診断を受けるようにしましょう。万が一がんにかかっていた場合は早急に病院へ訪れて抗がん剤による治療を始めることが大切です。がんは放置をすることで急速に身体の中でがん細胞を増殖させていきます。増殖しすぎて多くの臓器に転移をすると抗がん剤や手術をしても全てを取り除くことができなくなり、医師から余命を宣告されてしまうこともあります。取返しのつかないことになる前に、しっかり抗がん剤治療をしてがん細胞をなくしていきましょう。がん治療を受ける前にはまず医師との問診を行なって、その人の身体の状態を詳しく見えていきます。その後その人に合った治療法を決めていき、抗がん剤治療であれば治療による効果や副作用についての話をしてくれます。

がん治療で行なわれる抗がん剤には複数の副作用が出る恐れがあるため、副作用の心配をしている方は治療前にしっかり医師と確認をしていきましょう。副作用が出たとしてもその症状に合った対処をしてくれるので、自分でできる副作用の対処法も頭に入れておくことが大切です。がん治療では痛みを伴うこともありますが、治るまでの我慢と痛みを我慢してしまうのは良くないとされています。痛みを感じながらもそのまま我慢すると身体に毒なので、治療のたびに痛みを感じている場合はその都度医師に報告をして治療の変更をしてもらうなどの対策をしてもらいましょう。傷みは患者本人にしか分からないことなので、我慢せず痛みがあるときは伝えるようにしてください。